2010年07月05日

あたふた・・・

暑さ対策でお店の水冷極寒クーラーの風を
お犬様達がいる二階へ中継中継で送る事に・・・

一階と二階との階段は柵を設けての開放
これで扉を開けた時にお犬様と激突する事は減りましたが、
柵ギリギリに眠られたりするので、
柵を動かすか越えるか・・・

どちらも少々難儀です。




緊急な事があったので報告。

鍵が折れました。
私があまり使わない鍵なのですが、
少々用事がありドアを急いで開けようとして、
鍵が根元から・・・

そういえば、駅前長屋の新卒新人さんも
事務所の鍵を折ってしまいましたが、
オリジナルからのコピーが、
それからコピーされたitamaeちゃんの鍵のコピーである
私の鍵からコピーされているだけに
オリジナルとはちょっと遠い鍵ですね

私の鍵はコピーのコピー
あまり変わらないような気もしますが・・・

もっともドアも鍵自体に癖があり、
開けるのにコツを要します。

そんな中、一度変な感じがしてみてみると
ちょっと変形していたという過去がありますが、

今回、焦って使ってしまったため、
ポキっと軽い音を発し見事に根元から・・・

中から鍵を開ける事は不可能・・・
そういえばitamaeちゃんは自宅で
鍵を持たずに出て施錠された時、
強行手段を用いて開けた過去があるみたいです


合鍵はあるので、とにかく折れた鍵を抜かないと・・・

手元にあるものは198円のドライバーセット
精密ピンセット
そしてニッパー

この三点セットで折れた鍵を鍵穴から脱出させないと
合鍵すら使えません。

とにかく、細いキリのようなドライバーキリでしょう・・)で
少しづつ引っかきながら鍵を穴から引き出し・・・

引き出しきれません。
引っかかり、ありませんし・・・

それでも何とか出て来て貰い、
ピンセッ・・・

精密ピンセットでは掴み出すようには力があまり入りません。
仕方がないので、ニッパーです。

このニッパー、基本は切ったりするために使うものでして、
決して挟む用途に使うものではありません。

小さく固いハサミみたいなものですから。

そのようなもので掴もうとする訳ですから、
掴もうとすると中に押し込んだりします。

そうするとまたキリの出番です。


そんな事を十回くらい繰り返し、
近所にペンチを借りに行こうかなぁと諦めかけた頃、
鍵が中途半端に回っている事に注目。

もしかして定位置に戻したら・・・


早速してみると・・

簡単に抜けました、ニッパーで・・・

これは偶然なのか必然なのか、
それともコツを掴んだのか


それでも
例え間違った使い方をしていたとしても
道具は上手に使えば答えてくれるモノだなぁと
なんとなく思いました。

ちなみに
ドアを開けての用事は・・・
全然ドアとは関係ないところに潜んでいました。

posted by ヒロ吉 at 22:26| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。