2010年07月23日

おもしろオブジェクト シリーズ弐(番外編)

夜な夜な涼しいところを探すお犬様とお猫様
暑かったのでシャワーを浴びようかと思ったら、
浴室にお犬様がスヤスヤスヤ・・・・

夏が来たって感じです。
お陰で夜、シャワーが浴びられません・・・



おもしろオブジェクト シリーズ 出張編


今回は番外編
駅前長屋近辺を飛び出しました。


こんな公園がある近所です
チューリップ1.jpg
チューリップ公園』です。

チューリップ2.jpg
ガマもいます。

ここは
「緑ヶ丘第六児童公園」らしいですが、
チューリップ公園ですね。



何故駅前長屋を飛び出したのか?


この写真のためです
ねねずみ1.jpg


ことの始まりは、長屋の新人さんN君
これみた事ある?
と見せたら
あっ、ねずみ公園ですね
・・・N君は長屋近辺に住んでいる訳ではなく、
川を二つ越えた場所に住んでいます。
それなのに「ねずみ公園」が出てくるとは・・・

知っているの?
家の近所にあります

家の近所?


なので、行ってみました



ねねずみ2.jpg
ありました!!

ねねずみ3.jpg
滑り台は同じ水色だった事から
上から別の色に塗っているようで、
同じモノですね。


ここには
ねねずみ5.jpg
ゾウと
ねねずみ4.jpg
ラクダも待っています。


正式名称は「緑ヶ丘第一児童公園」だそうです
やはりねずみ公園でしょう


更に、もう一つあると聞いたので行ってみました。



ねねねずみ1.jpg
ねずみ・・・ありません・・・

間違ったのかと近所の方に聞いてみるに
やはりここだったようです。


間に合いませんでした・・・



ねねねずみ2.jpg
探索してねずみがあった跡(欠片)を発見。
画面では分かり辛いかもしれませんが、
同じ水色が塗られていて
私が知っているねずみ公園のねずみと同じ材質でした。


ねねねずみ3.jpg
主が不在だからか少々寂しい感じがします。
そして、ねずみ公園特有の他の動物として
ライオンが・・・(写真右手前)

ちなみにここは「緑ヶ丘第三児童公園」だそうです。
これからはライオン公園となるのでしょうか?




さて同じものでも感じ方が違うと
名前も変わるのものなのでしょうか?

うちゅう1.jpg
何処かで見た事があるモノがあります。

アポロ公園」と同じモノですね。
階段の作りまで同じです。

しかし名前は『宇宙公園』だそうです。
名前が違います・・・同じモノなのに・・・
一説にはこれが宇宙人に見えるからだとか。

ここは「緑ヶ丘第四児童公園」だそうですが、
私は声を大にしていいたい
・・・アポロ公園にしませんか?・・・


ついでにカバ公園があるというので、行ってみました。
かば1.jpg
カバ不在です・・・
こちらも間に合いませんでした。
「児童公園」だそうです。
これから一体どのような名前がつくのでしょうか・・・


当たり前にそこにあると思ってしまう建物や
町の移り変わりはまだ気づきますが、
公園もやはり例外ではありません。

またネタが集まったら
公園シリーズも行いたいと思います。





取材最中、新たなモノを見つけました。
びーば4.jpg
ねずみ公園』・・・『ビーバー公園』?です。

構造・機能は「ねずみ公園」のモノと全く同じですが、
材質がFRP(ねずみはコンクリート)で出来ていて
造形が深く、ピーナッツの筋までクッキリです。
顔も少々違うような気がします。
あくまで気がするだけですが・・・
この色はねずみというよりビーバー・・・

ねずみ自体も世代交代があるようです。

また、この公園、ねずみ公園よろしく
他にも動物がありました。
びーば1.jpg
ダックスフンド
びーば2.jpg
しゃくとり虫?


ちなみにここの正式名称は
「公園」だそうです。

地名どころか児童すらなく「公園」・・・
ビーバー公園にしましょう





取材を終える前に驚愕の事実が発覚!!

ねずみ公園で取材中、
ねずみ公園だけど、本当は違うみたいですね
????
あれ、ねずみではなくリスだって・・・
え?あれビーバーでしょ?
まぁリスもねずみに似てるからねぇ・・・

ビーバー?りす?


・・・一体どれが本当なのでしょうか?
確かに世代交代なのか
ビーバーとしか見えないモノがありましたが、
水色がベースですからねぇ・・・
私の中では『ねずみ』という事にしたいと思います。

posted by ヒロ吉 at 00:13| 宮崎 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 町オブジェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このシリーズおもしろいね!
昔からある公園って、コンクリート作りのシンボル的なオブジェ兼滑り台があるよね!

新しく出来た住宅地に作られた公園は、象徴的オブジェなんてなくって、滑り台ポツ、ジャングルジムポツ、鉄棒ポツってなんか味気なかったり、プラスチックのジャングルジム兼滑り台の集合体みたいなのが一つ置いたあったりと…味気ないんだよね。

”ここは俺の縄張り”って執着できる個性的な公園って少なくなったようですね。
Posted by 三代目です! at 2010年07月23日 13:45
ありがとうございます。

まちなかのちょっとしたオブジェクトから
ちょっと大きいオブジェクトに目を向けたら
公園にたどり着きました。


公園シリーズは、続けてみたいシリーズです。


取材中、公園で子供が遊んでいる姿を
あまり見なかったのは、
時間帯だと思っていましたが
やはり遊んでいる子は少ないようです。
ちょっと寂しいですね。

通称で呼ばれている公園は思い入れがあるわけですから、何か象徴的なモノは必須なのかもしれません。
Posted by ヒロ吉 at 2010年07月24日 03:03
たまたま延岡のことを調べていてここにたどりつきました!
今は地元延岡を離れてるのですが、緑ヶ丘に住んでたので全部懐かしいです。
緑ヶ丘の中でもカバ公園、チューリップ公園、ビーバー公園の方に住んでたので学校帰りに良く遊んでました。
ちなみにビーバー公園は私たちの間ではねずみ公園でしたよ!
子供があまり遊んでなかったのはちょっと残念ですね…。
Posted by at 2010年07月27日 04:16
コメントありがとうございます。
懐かしんで貰えてよかったです。

消えつつある町の風景を
これからも記録に残して行こうかと
思いますので、たまには覗きに来てください。

カバ公園のオブジェクトが見たかったです。


ビーバー公園はねずみ公園でしたか・・・
やはりあの形はねずみ公園ですね!



Posted by ヒロ吉 at 2010年07月27日 15:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157149045

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。